03-3455-6555

第11回全日本少年少女空手道選手権大会(形競技)

皆さまこんばんは、加藤です。

今日は第11回全日本少年少女空手道選手権大会の2日目、形競技でした。

皆思道場からカノン、ケイト、コトミが東京都の代表権を獲得し出場しました。

1年生から始まり、先ずはコトミから!

1回戦はシード、2回戦は熊本代表の選手に5-0で全少初勝利!!

3回戦で大阪代表の小川選手に2-3で惜しくも敗退、後に小川選手は優勝しました。

優勝した選手に2-3で僅差で競り負けましたという事は来年に繋がる大変いい経験になりました!

来年は優勝目指して頑張ろう!!組手でもいいよ!!


お昼休みは宇佐美選手の演武がありました。


6年生女子形のカノン、1回戦を北海道代表の選手に3-2でカノンも全少初勝利!!

2回戦では去年第3位になっている愛知県代表の中川選手に敗退するもカノンの持っている力を出し切って、それでも相手が上で負けてしまったので私としては悔いはありませんでした。

むしろこの大舞台で実力を出し切ったカノンの成長を嬉しく思いました。みんなに心配をかけたくなくて応援席に戻る途中一人で泣いていたカノン。結果以上に私は手ごたえを感じました。

最後の全少だったけど、東京都予選に2度出場して2度とも全少出場権を獲ったことが素晴らしい事だと思います。来年は全中、はまなす杯と目標を持って臨んでくれると信じています!カノンよく頑張ったね。



私が監督につかせてもらったケイトと同じ小学5年生女子のリサちゃん、第3位本当におめでとう!!


5年生女子形のケイト、1回戦はシード、2回戦は北海道の選手に3-2で勝利、

3回戦は4-1で勝利し、4回戦3-2で勝利し決勝ラウンドへ進出!

決勝ラウンド第1試合準々決勝で2-3で敗退しました。

2年前は全少優勝、去年は予選で怪我をして出場権を逃し、そして今年。

並々ならぬ思いで、優勝を目指してここまで努力してきましたが、結果は第5位でした。

優勝は出来ませんでしたが、この日本最高峰の舞台で第5位に入賞したことはとても立派なことです。俯かなくてもいいと思います。

本人としては納得がいかなかったでしょうが、負けを知ってまた強くなってもらいたいです。

これで来年は本当の挑戦者として挑めますし、また一からスタートできます。


皆思道場史上最大の全少出場人数の3名!!はっきり言って快挙です!

来年はこのお団子3姉妹に続けとばかりに沢山出場できるよう、先ずは春の

東京都大会で2位以内に入ることを目標にしよう!

東京都空手道連盟ジュニア強化委員をさせてもらっているおかげでカノン、ケイト、コトミの晴れ舞台に監督としてつくことができて本当に幸せでした。

またここまで頑張ってきた3人は大会当日までのお稽古も含めて本当によく戦いました。

勝負事ですから結果は厳しいですけど、目標に向かってここまでこれたことが価値があり頑張ってお稽古したことはけして裏切らない自分の力になっています。

カノンもコトミも1勝おめでとう、全国の各都道府県から優勝と準優勝の2名しか出られない大会で1つでも勝つことは、とても難しいことです。

ケイト第5位おめでとう!

また、3人の応援に来てくれたリュウノスケ、リョウタ、サツキ、キイチ、ありがとう!!

来年は選手として出場できるように頑張ろう!!

次に進もう!今日は本当にお疲れ様。

おまけ写真

今日カンナは勝負服で!!総監督として活躍しました!!

牧田先生(左)稲田先生(右)の両赤ちゃんも応援しました(笑) 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top